日常を見直すならココカラ!

2)成功の定義

2020/02/07
 
この記事を書いている人 - WRITER -
現状の突破口を探している人へ、普遍的に使える考え方をなるべくわかりやすく教えさせて頂いています。好きな事で生きる土台づくりをしませんか?【職業】認識トレーナー、囲碁普及指導員、元電気屋さん。【好きな言葉】「誰かにできる事は誰にでもできる!」【尊敬する人】吉田松陰、坂本龍馬

あるビジネス関係のビジネストレーニングに
参加した時に教わった事を共有したいと思います。

 

講師「成功したいですか?」
みんな「はい!」
講師「では、あなたが言う成功とは何ですか?
どうなったら成功したと言えますか?」
みんな「・・・」

こんなやりとりから始まりました。

 

講師「みなさん成功したいと言われますが、成功のゴールを決めてない方が本当に少なくないです」と。自分もたしかに曖昧だなぁ〜と思いながら聞いていました。
そして、一例を話してくれました。

 

講師「西洋では若くして、経済的自由を得た人の事を成功者と言う」
と話してくださいました。

 

人によって成功の定義は違うと思いますが、明確に決めていなかった人は
とりあえず、「若くして、経済的自由を得る」ってのを採用するのは
ありなんじゃないかなと思います。

 

そのあとに、あなたにとっての幸せ、好きなことに熱中してもらうと
安心して、全力で熱中できていいですね!
どのように経済的自由を得るのかについても、やるべき順番があります!
少しずつ学んでいきましょう〜

【編集後記】
今の資本主義において、この定義は多くの人が
「成功したね」って認めやすい基準だなぁ〜と思いました。
みなさんはどう思いましたか?

 

同時に思ったことは、
「今頃教えてもらっても、もう若くねぇよ」
とも思っちゃったんですよね・・・。

 

でも大丈夫です!
問題意識と自己紹介でも簡単に話させてもらいましたが、
5千年の歴史ある教育の中に、これは!!って内容がありました。

 

興味ある人は、ぜひライン@から
「成功の定義のブログ読みました。これは!!ってのが興味あります」
とでもコメントもらえるとお伝えできるかもです。

 

まずは知るところからはじめてみてくださいね〜

一緒に学びたい人募集!

答えのない囲碁を教える僕としては、本質的なアプローチが好きです。
今の時代に本質的に立ち向かうにはどうすればいいのか?
続きは、こちらから。

この記事を書いている人 - WRITER -
現状の突破口を探している人へ、普遍的に使える考え方をなるべくわかりやすく教えさせて頂いています。好きな事で生きる土台づくりをしませんか?【職業】認識トレーナー、囲碁普及指導員、元電気屋さん。【好きな言葉】「誰かにできる事は誰にでもできる!」【尊敬する人】吉田松陰、坂本龍馬

Comment

  1. そら より:

    成功のイメージは、それぞれに違うだろうけど、確かにこれは成功している、と誰もが納得するだろうと思いました。

  2. さっちゃん より:

    成功という言葉だけが先行しちゃって
    その具体的なものをイメージできていなかったなと思いました。

    その講師の方の成功とは…
    確かに言葉にできないけれどみんなが共通して
    イメージしているものだなと思いました。

    闇雲にやるのではなく、順番に。そして
    知ることからですね!
    一歩一歩感じていきます(^^)

  3. みんみん より:

    安心して集中できるっていいよなって、今回はこの一言にかなりずしっと私は響きました。
    色んな人と接してきて土台のない状態で
    自分の好きなことをするって、
    結局自分の出来る範囲でやることになるし、
    ヒヤヒヤするし、
    中途半端にもなりやすい。
    そして状況が変わったら、
    そのに割ける時間も変わってくる。
    一向に本気で取り組めないなぁと。
    だからこそ、若くして経済的自由を得るのは
    そのあとの時間という命をむだに使わない
    為にも必要だと思った!!!!

    そう思える人と一緒に経済的自由を
    手にいれて未来を作っていこうと思う!

  4. みほ より:

    成功のゴールというイメージ、本当にできてないと思いました。だいぶ、年はとってしまったけど、経済的自由人をゴールのイメージにもち、順番にコツコツと行動していきたいと思います。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ミナココ , 2020 All Rights Reserved.